指導力の発揮は・・・
。。。。昨日より、北朝鮮核実験のニュ〜スで持ちきりの感がある報道番組なんでありますが、、、
とにかく各コメンテーターのお話がほとんど一緒で、3つも見れば、「もうお腹一杯!」

狂人が弾薬 (核兵器) を持ったのはよく分かったから、マシンガン (核弾頭) にする前になんとかしろ!

簡単に言うとそういう事になると思う訳で、狂人の意志1つでどうにでもなる国柄。これは早急に、(核弾頭を作るには5年とか、、、) 国際社会が手を携えて善処しなければイカンでしょう。

初の外遊で突然の問題に出くわした安倍総理。最近、「あー、えー」 が多くて歯切れの悪さが目立っておりますが、ここはいきなりの正念場。

ゼヒ、指導力を発揮して欲しいモンであります。




球団70周年、飾るV=守りの野球が開花−プロ野球・中日

 落合監督の体が4度、宙に舞った−。プロ野球セ・リーグの中日が10日、東京ドームで行われた巨人最終戦に9−3で勝ち、2年ぶり7度目のリーグ制覇を決めた。優勝へのマジックナンバーを「1」としていた中日は、3−3の延長12回に、福留の適時打、ウッズの満塁本塁打などで6点を挙げて試合を決めた。
 就任3年目の落合監督の下、中日は今季、投手陣を中心とした守りの野球に磨きをかけた。8月12日に球団史上最速でマジック「40」を点灯させるなど、シーズン中盤からペナントレースを快走。その後、阪神の粘りにあったが、9月中旬の直接対決3連戦に勝ち越すなどして優位を保った。6月13日に首位に立ってからその座を明け渡さず、球団創立70周年を最高の形で締めくくった。 
(時事通信) - 10月10日22時30分更新


。。。。本日のニュ〜スはこれでありましょう。

ここ数年、阪神と中日が交代で優勝しているセントラル。良く言えば2強なんでしょうが、言葉を換えると4弱。
WBCとかは盛り上がったのですが、ペナントレースになるとホンマ尻すぼみ。

野球人気の陰りは、2強の独走を許す他のチームにもあるでしょう。春先のみ独走したジャイアンツ。来年は夏場くらいまでは頑張って欲しいモンであります。

・・・それに反してパシフィックが面白い!

日本ハムの1位も新鮮でしたが、この2年の雪辱を果たそうと、西武を破ったソフトバンク松中選手の涙。

2位のチームが日本シリーズに出場する。というジンクスはあっさり破れ、またしても面白味が増したのであります。

さてさて、、、中日と日本シリーズで対戦するのは、日本ハムかはたまたソフトバンクか・・・。

興味津々、その行方を見守りたいと思うのであります。


あっ! そうそう、、、落合監督、セリーグ制覇おめでとうございます。

落合監督の力量は認めますが、優勝が決まった後、監督の奥さんとご子息がテレビに出演するのが、どーしても好きになれないわたくし、、、

ゼヒ、選手を指揮する指導力を、息子にも発揮して、今年は遠慮させるよう、して欲しいと思うオヤジです・・・。






カテゴリ:多事争論 | 23:58 |
顔が替わると・・・


安倍晋三首相が記者会見

安倍晋三首相は、首相官邸で就任後初の記者会見を行った。自らの政権を「美しい国づくり内閣」と表明。その上で「構造改革をしっかりと引き継ぐ。むしろ加速させ、補強していく」と述べた(26日)(時事通信社)22時56分更新


。。。。午前中の診療が終わり、自分のブログを開いたところ、、、うわっ!! まったくレイアウトが変わっているではありませんか!!

当ブログのウェブマスターが、「気分転換に!」 と変更してくれたのであります。
何だか不思議なモンで、ブログの顔が変わると、妙に新鮮な気分になるのでありまして、「また頑張ろうかな・・・。」 まぁ、いわば単純なオヤジでございます(笑)


・・・でまぁ、本日戦後産まれ初の内閣総理大臣が誕生した訳でありまして、アクの強かった小泉首相に比べると、どーしても迫力という点で劣るよなぁ〜。と、テレビを見ながら呟くわたくしでありました。

、、にしても、いきなり自らの給与を30%カット。閣僚のそれは10%カット。ちょっと前に、大阪府知事をしていた横山ノック知事が、何か失態あるごとに、「自らの給与をカット」 していたのを思い出し、、、

やる事はセクハラ知事と一緒かよ!!

不明確な政策と相俟って、期待している分、少々幻滅したのであります。

激務につくのですから、それ相応の給与は受け取ったら良い訳で、そのかわり、国民の暮らしをよくする施策をして欲しい訳で、、、

その政策に自信がないのかよ!!
つい、疑いたくなるのがオヤジの特性。ゼヒ、明確な政策を示して、実行して欲しいモンであります。

・・と、言いながら、やはり期待はしている訳でして、記者会見での姿を見ていると実に若い。
首相になってから、みるみる白髪になった小泉首相の後ですから、余計にそう思うのかもしれませんが、何でも先送りにした小泉首相の後、心労で白髪にならないように切に思うのであります。


でもまぁ、日本国の顔が替わった訳であります。

ゼヒ、若さと、リーダーシップを発揮して欲しいモンであります。

これで政策も、生活も変わらなければ・・・。


やっぱり金太郎アメかぁ〜。


期待が大きい分、落胆も大きいんだと認識して欲しいと思うオヤジです・・・。





カテゴリ:多事争論 | 23:44 |
不義理の日をご存じ?


民主党 前原執行部が総退陣へ 偽メール問題で

民主党両院議員総会で辞意を述べる前原誠司代表=民主党本部で31日午後3時6分、平田明浩写す(毎日新聞)17時15分更新


。。。。すったもんだのあげく、結局、前原代表の辞任で幕引きとなりそうな雰囲気の、今回のメール事件。
党首討論で、「信憑性がある!」と大見得を切っただけに、訂正お詫びの後、速やかに辞任しておればスッキリして良かったのに、、、。

党首の辞任を受けて、永田議員も辞職されるようですし、鳩山幹事長も辞任と、、、民主党のすったもんだはしばらく続きそうです。



。。。。でまぁ、明日、4月1日はエイプリルフールなんですが、これはもちろんヨーロッパの習慣が伝わったモンなんですが、さて、江戸時代は何の日だったがご存じ?

じつは、この日の事を「不義理の日」と呼ばれていたんだそうです。

つまり、日頃ご無沙汰にしている人に手紙を書いて、不義理をわび、近況を訊ねる日だったそうです。現代で言う、「ふみの日」という訳でしょうか。

で、あの有名な堀部安兵衛が、叔父の菅野六郎左衛門から、高田馬場の決闘を知らせる手紙を受け取ったのが、4月1日だったそうです。

安兵衛はどうせ不義理の日の手紙だろうと、封を切らずにほうっておいたため、決闘に遅れたんだそうです。

まぁ、、、言うなれば、不義理の日に騙された安兵衛なんでしょうが、現代ではエイプリルフール。
明日は色んな嘘が飛び交う事でありましょう。


さてさて。。。今回、西澤孝氏に騙され国会で質問して、結局、議員を辞職する事になった永田議員。
質問が、エイプリルフールだったら良かったかもしれませんね。

それから、それから。。。代表辞任が遅れた永原代表。不義理の日に惑わされ、決闘場に遅れた堀部安兵衛。

堀部安兵衛は遅れても、見事仇討ちに成功した訳なんですが、辞任が遅れた永原代表。さて、汚名はなんで返上しますかね。

まさか、、、明日はエイプリルフール・・・。日付が変わって、辞任は嘘だよ〜。なんて言わないでくださいね。。。






最後までおつき合い頂き、感謝いたします。

昨年、、、エイプリルフールに見事、ニセメ〜ルに騙されたオヤジです。メ〜ルに騙される、議員もオヤジも一緒!という事でありましょうか(^^;
カテゴリ:多事争論 | 23:06 |
やっと公表しましたか・・・



永田氏、仲介者は西澤孝氏と公表

衆院懲罰委員会で、自民党の葉梨康弘議員(右手前)の質問に答弁する永田寿康議員。虚偽の送金メールを持ち込んだ仲介者の氏名を西澤孝氏と公表した(24日午前、国会内)(時事通信社)14時26分更新


。。。。何だかんだと言いながらやっとネタ元を公表した永田議員。
すでに、ネットや週刊誌では西澤氏の名前が出ていましたから、知っている人は知っていたんだと思いますが・・・。

それにしても西澤氏。ずいぶん悪名高い方でありまして、一部では「業界ゴロのガセネタ屋」と異名をとっているようであります。

過去に問題記事を連発して、何誌かの雑誌社では出入り禁止にされているらしく、32歳の若い年齢ながら、すでに二回の持ち込み記事で名誉毀損の裁判を惹き起こし、敗訴して損害賠償支払と謝罪文掲載の判決を受けているのだそうです。

経歴詐称ぶりも甚だしいらしく、フリーライターとは言いながら、業界では詐話師同然の要注意人物だそうです。
で、この西澤氏が新しく出版社を立ち上げて、今年の3月に創刊を予定していた雑誌が「DUMONT」で、その新刊号の表紙を永田議員が飾る予定になっていたのでありました。



西澤氏の問題となった記事の一つは、2000年に西沢氏が取材し、週刊誌に掲載された清原和博選手(当時は巨人軍)に関する記事。
「自主トレ中にストリップバーに通っていた」との内容に、清原選手は名誉を傷つけられたとして、出版社を提訴。01年3月、東京地裁は「取材が不十分で、記事は真実と認められない」と認定、出版社側が敗訴したのであります(2審で敗訴確定)

その後、西沢氏は雑誌編集会社を自ら設立。05年秋には会員制月刊誌「デュモン」の創刊準備を始め、テスト版として同10月に第1号、同11月に第2号を作成したが、この編集で知り合ったのが永田議員だったようです。

第2号の表紙には同議員が腕組みして立つ写真を使い、西沢氏が取材した同議員のインタビュー記事も掲載。
「自分の言葉をもっている人は、必ず時代を動かすはず」と持ち上げたようで、このほか、民主党の中堅・若手議員5人のインタビュー記事を掲載したのでした。

・・が、3月に本格創刊する計画は、今回の偽メール問題で中断しており、情報提供者と疑われた西沢氏は取材を拒否し、代理人の弁護士を通じ、「永田議員にメールを提供した事実はない」と回答しているのであります。


さてさて、、、今回のメ〜ル騒動。西澤孝氏と永田寿康議員の二人は、今度の国会質問を新刊誌「DUMONT」の創刊を記念する祝賀行事にするつもりだったのでありましょうか?
普通の人間の感覚からすれば、ここで西澤氏から永田議員もしくは前原代表にカネが流れていたのではないかという推測になるのですが、、、。

何にせよ、世間を騒がせた西澤氏は表に出てきて、釈明をすべきでありましょう。

永田議員だけが、泥をかぶる訳にもいきますまい。メ〜ルだけに、ネタの発信元も、同罪であると思うオヤジです・・・。






最後までおつき合い頂き、感謝いたします。

政治家って、、、ホンマ往生際が悪いですね。これだけ提供者が知れ渡っているんやから、サッサと公表した方が潔いのに・・・。
カテゴリ:多事争論 | 23:58 |
真実を見極める目・・



「本物でなかった」と全面降伏
民主党の前原誠司代表は党本部で会見し、「メールは本物でなかった。すべてわたしの責任だ」と陳謝。永田寿康議員の会見について「何を謝罪しているか明確でなかった」と批判する場面もあった(28日)(時事通信社)22時17分更新


。。。。先日来、物議を醸し出していた、「堀江メール問題」
どうやら、メールはまったくの偽物という結論に落ち着いたようであります。

わたくし、ちょうど永田議員が質問している場面をテレビで見たのでありますが、「へー!これがホンマやったらエライ事やで・・。」
その成り行きを注意深く見守っていたのですが、攻めているハズの民主党が段々旗色が悪くなり、ついには降参。偽物を認めたのでありました。

とんだ茶番・・・。

それこそ一発逆転を狙ったのでありましょうが、かえって窮地に追い込まれる事になった民主党。
政治家の息子だからと、名前を出された武部幹事長の次男こそいい迷惑。これこそ濡れ衣という奴でありましょう。政治家ならいざ知らず、一般人に迷惑をかけるという事になるのですから、調査には充分な時間をかける必要があったのではないでしょうか。

事実であれば、確かに党勢を盛り返すチャンスだっただけに、充分な調査をして欲しかったモノです。

「・・・その人の名は・・武部です!!」
自信満々で言っていた永田議員。

信頼出来る、元新聞記者から情報を貰ったのだそうですが・・。

国会議員なら、真実を見極める目。も養って欲しいモンです・・。






最後までおつきあい頂き、感謝いたします。

永田議員って・・前国会で、委員会の最中に、折り鶴を折っていたんじゃなかったですかね?功名を焦ったんですかね・・。
今日からレセプト。つい、言いたかったモンですから、UPしました(^^;



カテゴリ:多事争論 | 23:11 |
人間の翼


零戦復元 無安打無得点…特攻隊で戦死、石丸投手が搭乗

 プロ野球で戦中最後のノーヒット・ノーラン(無安打無得点)を達成し、特攻隊員として戦死した石丸進一投手(当時22歳)が搭乗した零戦が、故郷の佐賀県で復元された。大戦末期、特攻で約6000人の若者の夢が消えた。「多くの特攻隊員の思いを伝える『平和のシンボル』にしたい」。同級生らの共通の願いだ。(毎日新聞)



(写真、映画「人間の翼」パンフレットより抜粋)

。。映画「人間の翼」によって、石丸投手を知った方が多いと思うのですが、あの沢村投手も戦争の犠牲になった名選手の1人。
戦禍に消えた名選手として、復元された零戦は語り継がれていく事だろうと思う次第です。

で、その 零戦復元プロジェクト を見ていただければ、その趣意などがわかると思うのですが、この零戦の展示場所も決まっておらず、制作費もままならない様子であります。
戦争の痛ましさを伝える手段としてのプロジェクト。なんとか成し遂げて欲しいモンであります。

でまぁ、この石丸進一投手のことを知りたいと思った方は、 
石丸進一コレクション
を見て頂きたいのですが、戦時中における野球の厳しさを感じてしまう訳で、今現在、野球に携わっている人間や選手。実に恵まれている。と思う次第です。
こんな困難な状況下でも、野球を愛した人たちはいた訳で、金儲けの手段としての球団上場やら、ワンマンな人間の球界支配やら、つい、嘆かわしい状況である。と思ってしまいます。

このプロジェクトに、資金を出してやろう!!という、球団オーナーはいないモンでしょうかね・・。



。。。で、本日、城島選手が初の日本人大リーガー捕手に決まった訳で、3年契約、22億円超という金額。日本人野手の大リーグ入りは、同じマリナーズのイチロー外野手、ヤンキースの松井秀喜外野手らに続き8人目となる訳なんですが、大リーガー捕手の誕生は初めてであります。


また、ヤンキース・松井秀喜外野手と女優の戸田菜穂さんが、結婚を視野に交際していることが報道され報道された訳で、その扱いは一面トップ。
松井選手は4年62億円の大型契約を勝ち取った事が大々的の報道された直後でもあります。



。。。さてさて、石丸進一選手がこのニュ〜スを聞いたら、どう思うのか・・。


大リーグに通用する選手がぞくぞく登場して嬉しいと思うのか・・。


高騰する年俸を見て憂うのか・・。



冥土に行ける、人間の翼があれば、石丸選手に聞いてみたいと思ったオヤジです・・。







最後までおつき合い頂き感謝いたします。

野球界って発展するのかな。。。フト、心に過ぎった次第です・・・。
カテゴリ:多事争論 | 23:42 |
知る権利・・



今年の5月20日にUPした、 ドリーへのレクイエム という記事があります。

父親を知らずに、AIDで生まれた子どもたちの、「知る権利」について書いたのですが、やはり・・・。こういう事態が発生した訳であります。


ネットを活用、実の父発見 15歳少年がDNA検査で 精子バンク利用し出生 (1) 【2005年11月15日】

 【ワシントン14日共同】15歳の少年が、米国のDNA検査会社やインターネットを活用して、匿名で精子を提供した実の父を割り出していたことが14日までに分かった。米紙ワシントン・ポストなどが報じた。

 欧米にはDNAで親子関係や家系を調べる企業がいくつもあるが、匿名の精子提供者(ドナー)の特定に結び付いたのは初めてとみられる。

 同様に匿名のドナーの精子や卵子から生まれ、自分のルーツを知りたいと願う人たちは少年の成功を歓迎。一方で米国の精子バンクは「こうした試みが拡大すればドナーのプライバシーが守れない」と警戒している。

(以下の文省略)


「出自知りたい」願い強く 支援団体も活動 (2)
【2005年11月15日】

 【ワシントン14日共同=吉本明美】遺伝上の父親を探し当てた15歳の少年の事例は、最新のDNA技術やインターネットを駆使した点が注目を集めそうだ。この試みの背景には、匿名の第三者から提供された精子や卵子を使って生まれた子供たちの「出自を知りたい」という願いが世界的に強まっていることがある。

 こうした方法で誕生した人の国際自助グループが昨年、東京で報告した調査結果によると、真実を打ち明けない親も多いが、子供の側はほぼ全員が「事実を知らせるべきだ」とし、大半が遺伝上の親に「会いたい」と答えた。

 第三者の精子を使って妊娠する人工授精(AID)は、不妊治療の一環として日本でも1940年代から行われてきた古い技術。しかし、従来は子供が欲しい親の気持ちに専門家の関心が集中し、子供の権利が注目されたのは比較的最近だ。

 専門家によると欧州やオーストラリアでは、子供が出自を知る権利を盛り込んだ法整備が主に1990年以降に進んだ。

 日本も厚生労働省の生殖補助医療部会が2003年、子供への開示を打ち出したが法整備はまだ。米国では精子提供の大半は依然として匿名とされる。

記事:共同通信社
提供:共同通信社


。。。。実の父親を捜し当てた少年。それは執念だったんでしょう。
実の、自分の本当の父親を知りたい・・。
これは、どうしても捨てきれない思いだと感じる訳で、日本でもやっと話題にのぼり始めた昨今。この、傾向は強まっていくと感じています。

「ドリーへのレクイエム」に書いた通り、日本では離婚を機に、子供が出生の秘密を知る事になる。のが多いようなんですが、実際の父親と戸籍上の父親が違う事に気が付いた子供のストレスは計り知れないと思う訳です。

で、実の父親を、知りたい!と思った子どもたちにも権利はあると思うのですが、「精子の提供者は匿名」である訳ですから、知りようがない。

今回、父親を突き止めた少年は、母親が偶然にも、精子バンクからドナーの生年月日と出身地を聞いていたのでした。
少年はこの情報を母から教えてもらい、インターネットで「この生年月日と出身地に合致する男性」の名簿を米企業から購入。目指す名字の男性が1人見つかり、それが実の父親だったという訳であります。

。。。。一方の探し出された父親の方はどうなんだろう・・。

「僕は、あなたの遺伝子を受け継いだ息子です!」
と、突然現れたとしたら、その驚きは・・・。

匿名を条件に提供している男性からしたら、「約束が違う!」となるかもしれず、身元を明かす事。が条件になれば精子の提供者はいなくなるやもしれず・・。

早急な法整備が急がれると思ってしまいます。

父親を見つけた少年は、最初に、家系調査専門の米DNA検査会社に、ほおの裏側の細胞をこすり取って送り、父から男子に受け継がれる「Y染色体」の検査を約3万5000円で申し込んだのでした。

で、約9カ月後、約50%の確率で少年と父方のルーツが同じ男性2人が同社のデータベースに見つかった訳です。少年の父ではなかったのですが、2人の名字は同じ。男性は父の名字を受け継ぐ可能性が高く、強力な手掛かりになったのでした。

アメリカではすでに、DNAを取り扱う会社が存在しているのですから、その気になれば、近い将来、簡単に父親を見つける事が出来るようになると感じる訳です。


子供の知る権利。と、知られたくない素性。どちらが優先されるべきなのか・・。

大いに議論されるべき問題だと思います・・・。



。。。。女性が男性に愛を告白する、バレンタインデーに安楽死させられたドリー。
その世界で1番有名な羊は、オスの愛情なくして生まれたというのも、皮肉なモンであります・・。







最後までおつき合い頂き感謝いたします。
我が家に突然、「パパぁ!」とまったく知らない子供が現れたら・・。
嫁パンチ!じゃぁ済まないと思うオヤジです・・・。










カテゴリ:多事争論 | 23:58 |
似て非なるモノ・・

開高健さん 大阪・北田辺に文学碑完成 同級生ら除幕式

11月5日に、大阪生まれの芥川賞作家、開高健さん(1930〜89)が少年・青年期を過ごした大阪・北田辺に、地元住民や学生時代の同期生らの募金で文学碑が完成した訳であります。
近鉄南大阪線北田辺駅(大阪市東住吉区)1階で直木賞作家の藤本義一さん、難波利三さんら来賓や同期生ら約30人が集い、除幕式が営まれ、録音された肉声が流され、「『人間』らしくやりたいナ」の開高さんのコピーとともに世に広がったサントリーウイスキー「トリス」で献杯したそうであります。

作者が渾身の力を注いで作り上げた作品は、いつまで経っても愛され、その作者も敬愛されるものなんでしょう。


。。。でまぁ、この作品については、皆様どのようにお考えになるか・・。
興味深い所であります。


<原書房>漫画と類似表現、小説絶版に

 原書房(本社・東京都新宿区)が今年出版した飛鳥部勝則さんの小説「誰のための綾織(あやおり)」の中に、三原順さんの漫画「はみだしっ子」(白泉社)と類似した表現が複数個所あり、「誰のための綾織」の絶版と在庫の回収を決めたことが、8日わかった。同社がホームページに報告とおわびを掲載した。類似個所は十数カ所あるという。
 同社に9月、「類似した表現がみられる」と匿名のメールが寄せられ、調査していた。飛鳥部さんは「膨大な素材カードの一部に問題の表現とおぼしき文章が紛れた」とホームページでコメントし、陳謝している。
(毎日新聞) - 11月8日19時37分更新

。。。私、原書房出版の小説「誰のための綾織(あやおり)」も、白泉社出版の「はみだしっ子」も読んでおらず、どこが類似してるんやろ・・。興味が湧きました。興味がある方は、下記のリンクで比較対照して頂くと面白いと思います。

飛鳥部勝則氏「誰のための綾織」における、三原順氏「はみだしっ子」との類似点比較

・・・いかがでございましょう?自分的感想で言えば、「そりゃパクリやろ!」思ってしまいました。まぁ、類似点が並んでいる訳で、前後文章がどうなっている。ストーリーはどう。このへんの事はわかりませんが、明らかに盗用している。・・と感じてしまいました。

で言い訳が、「膨大な素材カードの一部に問題の表現とおぼしき文章が紛れた」・・・その素材の出所くらい把握していたと思う訳で、その素材カードから同じ作品の文章ばかり引用したの?ちょっと苦しい言い訳かな。と思ってしまいます。

漫画から小説への盗用ならバレないやろ・・。もし、安直な考えでそうしたのなら、今後の活動は難しいのかな・・。世間はそんなに甘くないと思う次第です。
後々まで愛される小説家・・希有な存在なんでありましょう・・。



。。。さて、話は変わりますが、十一面観音の後ろの顔ってご存じでしょうか?

観音様は、正式には「観世音菩薩」といいます。「観世音」とは、悩める衆生の声を広くお聞きになるという意味であります。
観音様は昔から広く信仰を集めており、千手観音や馬頭観音など色々な形の観音様がある訳であります。

その中のひとつ。長谷寺などにある十一面観音は、その名の通り十一の顔がついております。といっても、正面から見ただけでは十の顔しか見えません。最後のひとつは真後ろについているからであります。

で、この真後ろの顔はどんな顔、表情をしているのか・・。

意外にも大笑いをしている訳であります。

教典にも、
1, 頂上部   佛面(如来相) 
2,正面三面  菩薩面(寂静相)  
3,右面三面  瞋怒面(しんぬめん)(威怒相)
4,左面三面  狗牙上出面(くじょうしゅつめん)(利牙出現相)  
5,後部一面  暴悪笑面(笑怒相)
・・となっております。

「暴悪笑面」とは、もっとも邪悪なものを圧倒する力を表した面という事であります。



。。。小説の、似て非なるモノ・・は、盗作でありましょう。一見、小説に見えるモノ。。。観音様の「暴悪笑面」に笑い飛ばされぬようご注意下さい・・。






最後までおつき合い頂き感謝いたします。
他人作品を真似したらラクであるでしょうが、それは違うやろ!と思ってしまうオヤジであります・・。
カテゴリ:多事争論 | 22:19 |
夢みる・・

【画像 17日に新代表選出−民主】
民主党は15日午後、岡田克也代表の辞任と、17日の代表選実施を正式に了承した。写真は代表選出馬を表明する前原誠司衆院議員(中央)と、出馬が取りざたされている菅直人前代表(左)、小沢一郎副代表(右)


衆議院選挙惨敗の民主党。ゴタゴタしなけりゃいいけど・・。と思っていましたが、案の定、引責辞任した岡田さんの後釜選びはやはり大変なようで・・。ベテランにかえるのか、それとも思い切って若手に切り替えるのか・・。ちょっと興味があります。
それにしても、民主党の代表って、なかなか任期を全うしない人が多いようで・・。頑張って欲しいもんです。

<民主党代表選>前原氏が正式に出馬表明
 民主党の岡田克也代表の辞任に伴う代表選で、前原誠司「次の内閣」防衛庁長官が15日、記者会見し、正式に出馬表明した。党内の一部から出馬要請が出ている菅直人前代表は、側近の議員らと協議を続けたが、結論を持ち越した。小沢一郎副代表は16日に最終判断するとしており、17日に行われる代表選の構図は、前原氏とベテランとの選挙か、前原氏の無投票選出かに絞られた。
 前原氏は記者会見で「党を戦う集団に変える」と表明。先の衆院選については「郵政民営化法案に対案を示さなかったのが最大の敗因。代表に就任すれば重要政策は常に対案を示す」と述べた。
 民主党は15日午後、党本部で両院議員総会を開き、岡田氏が正式に辞任を表明し、17日の代表選実施が承認された。出席議員からは、衆院選の惨敗について執行部の責任を問う声が続出した。【宮田哲】
(毎日新聞) - 9月15日23時


密室会議で代表を決める・・。少し前の自民党がそうであり、それをさんざん批判していた民主党。自分達の代表を決めるのに、話し合いで決める。なんて事はしないでしょうね?
立候補者が集い、自分の信念を述べて、是非、投票で決めて欲しいもんだと思いました。それにしても今度の代表。火中の栗を拾うもたいなもんで、大変だろうと感じます。民主党を是非、魅力的に変えて欲しいもんです。



・・・それでまぁ、選挙は終わった訳で、今度の国会ではどうやら「郵政民営化」は可決される見通しとなった訳です。
この「郵政民営化」は小泉総理の悲願というか夢であったようで、言うなれば、「小泉総理の夢がかなった。」という所でありましょうか。
でまぁ、本日は、“夢”の話なんぞでも・・。ただしこの“夢”は寝ている時にみる夢ですんで、お間違えなきよう・・。

・・・基本的に、夢をみる日と見ない日があると思うのですが、それはいったいどういう理由からか・・。

睡眠にはレム睡眠と呼ばれる浅い眠りと、ノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りがあります。一晩の睡眠は、まず深い眠りのノンレム睡眠状態から始まる訳です。
その時間は約90〜120分。次に浅い眠りのレム睡眠に入り、その時間が約20分。以降、ノンレムとレムを交互に繰り返し、普通はレム睡眠の時に目を覚ます訳であります。

人間が夢を見るのはレム睡眠時で、レム睡眠中は誰でもほとんど確実に夢を見ているのだそうです。

ところがまったく夢を見ないという日があるのは事実で、それは実際に夢を見ていないからではなく、確実に夢を見ているのですが、残念ながら、その夢をずっと覚えている事が出来ないんだそうです。つまり、見た夢を忘れてしまうのが真実のようです。

結局、夢を見ない日があるのは、実際に見ていないからではなく、夢を見ているその時、あるいはその直後に目を覚まさないからであります。

・・・それで人によると、「天然色の夢を見る」という人がおられます。しかし、そういう人は少数派で、大多数の人が見る夢はモノクロである事が多いようであります。

ではなぜ色つきではないのか・・。理由は2つ考えられます。
1つは、実際に見た夢には色が付いていたのに、それを思い出す時に忘れているという事。
もう1つは始めっから色がついていないという事。

どうも、この2つの理由の中では、後者の理由が正しいと思われています。

夢は脳が記憶したものの再現であります。その記憶したもの。すなわち目覚めている時に見た物、それがどんな色であったかについてはあまり憶えていないのが普通であります。

・・・以前、実験していた事があったのが、商店街でカップルに突然大喧嘩をしてもらいます。で、派手にケンカをした後、走り去ってもらう訳です。そして、しばらくして、ケンカを見ていた人に、そのカップルの服装とか洋服の色とか・・印象とかを聞く訳なんです。
・・・実は、正確に記憶している人は皆無に近い状態なんです・・。
それくらい、色を憶えている人は少ないという事であります。

で、目にしたものがとくに色彩においては印象的であるといった以外は、そのものの色は強く記憶されない訳です。記憶したものが色つきでなければ、夢は記憶したものの再現であるから、その夢のは色はつかないという事になるのです・・。



・・・「郵政民営化」という“夢”を叶えたであろう小泉総理。

自民党大勝という“色”まで付けたのですから、これから見る夢はさぞかしフルカラーなんでしょう・・・。


・・えっ!オヤジ“夢”ですか?・・いつも嫁バクに食われており、セピア色になってます・・。




本日も最後までおつき合い頂き、また、ご支援頂いた皆様に感謝いたします。
カテゴリ:多事争論 | 23:46 |
長寿・・

【画像 12日に開園した香港ディズニーランド 】
大陸メディア:香港DL、客の「下品な行為」批判。12日に開園した香港ディズニーランドでは、早くも来場者の不満が噴出。一方で、来場者の3分の1を占めた中国大陸からの観光客による下品かつ非文明的な行為が指摘されている。


本日、剣道の練習日でした。仕事も終わって、さぁ!頑張るぞ!と駐車場に行った訳なんですが、妙に車体が傾いているような気が・・。防具を積んでるから重い?(・・そんな重い防具があるんかい!!)
で、車に乗って出ようとしたんですが、妙にハンドルを取られる・・。
・・車を停めて、タイヤを確認したら・・。
助手席後ろのタイヤの空気が減ってるじゃありませんか!
慌てて、ガソリンスタンドまで走った訳なんですが、・・古釘が1本、タイヤに刺さっておりました・・。
え〜〜っ!!いたずら?それとも今朝、通勤途中?何にしてもこのままじゃ走る事も出来ません。
「修理お願いします・・。」

まったく・・・練習には行けねぇ・・4,000円は取られる・・。あぁ〜あ、寿命が3日は縮んだんじゃなかろうか・・・。がっくりです・・。


・・・で先日、厚生労働省から「高齢者名簿」(長寿番付)が発表されました。平均寿命の延びとともに、100歳以上のお年寄りも年々増加の一途を辿っているようです。


長寿日本一は福岡の皆川ヨ子さん 百歳以上は2万5千人
2005年09月13日12時26分

 今月末までに100歳以上になるお年寄りは2万5606人で、昨年より2568人増えて35年連続で過去最高を更新したことが、「敬老の日」(19日)を前に、厚生労働省が13日に発表した「高齢者名簿」(長寿番付)で分かった。このうち女性は約85%を占め、初めて2万人を突破した。
 9月30日時点で、100歳以上になる高齢者を1日現在で集計したところ、男性が3786人(昨年比263人増)、女性は2万1820人(同2305人増)だった。老人福祉法が制定されて集計が始まった63年には153人で、1万人に達するまで35年かかった。しかし、1万人から2万人に増えるのには、わずか5年のハイペース。前年比の増加数は、5年連続で毎年2千人を超えている。
 人口10万人あたりの100歳以上の高齢者は、全国平均で20.05人で、昨年より2.0人増えた。都道府県別では、沖縄で51.43人と33年連続の1位。高知48.57人、島根44.46人と続き、九州、四国、中国で多い。低い方は、埼玉が9.81人で16年連続の最下位。46位は千葉で12.25人、45位は愛知で12.28人と大都市圏が目立つ。

 また、今年度中に100歳に達したか、達する人は、1万2703人(海外在留邦人34人を含む)。うち、女性は1万561人で、年度ごとの集計で初めて1万人を超えた。15日の「老人の日」の記念行事として、小泉首相から記念品などが贈呈される。
 長寿日本一は、福岡県赤池町の皆川ヨ子(よね)さんで1893(明治26)年1月4日生まれの112歳。男性は、鹿児島市の徳田二次郎さんで110歳。
(・・これ、ニュ〜スの原文なんですが、文中の15日「老人の日」となっているの、19日「敬老の日」の間違いなんじゃないの?と思っているのですが・・。)


・・・2007年から、人口の減少が始まると言われておりましたが、どうも、今年から人口の減少がみられそうな雰囲気です。
先の衆議院議員選挙でも、マニュフェストに取り上げられていましたが、「少子高齢化」は一段と進み、何らかの対応も必要な状況かと思う次第です。

今朝も、ニュ〜スを見ておりましたら、100歳でゴルフの打ちっ放しに行き、コースも回るというお爺ちゃんが紹介されておりました。元気で、家族に囲まれて実に幸せな老後だなぁ〜。と感じた訳です。

・・一方、独居老人とか、家族と暮らしていても、寂しい思いをしているご老人も多い訳で、乱立する介護保険施設を見ていると、それだけ需要が多いのかなぁ〜。と少し寂しく感じるのは私だけでしょうか・・。


・・・で、以前、当院にあるお婆ちゃんが通院されておりました。
70歳を超えてもなお、清掃業務に携わり、ほとんど毎日出勤されておりました。恰幅が良い体格(簡単に言えば、肥満体型・・)で、膝は変形性膝関節症で、随分変形しておりました。

痛い!痛い!と訴えるお婆ちゃんに、「少しは休みましょうよ!」と言っても、
「先生。働かな、食べていけませんがな!」と明るく言っていたもんです。

・・ところが、ある日を境にそのお婆ちゃんはプッツリ来院されなくなりました。
しばらくして、そのお婆ちゃんと仲良くしている患者さんが来院して教えてくれました。

・・・そのお婆ちゃんは脳梗塞で倒れたそうです・・。

一人暮らしのお婆ちゃんは、用事で訊ねてきた娘さんに発見され、一命は取り留めましたが、ひどい麻痺が右半身に残ったのでした・・。

「でも可哀想になぁ・・。家族が誰も面倒みようとせぇへんからねぇ・・。」
その患者さんは教えてくれました。

そのお婆ちゃんは若かりし頃、ご主人の暴力に耐えかねて、子供を残したまま、1度、家を出たのだそうです。ご主人が亡くなった後、家に帰ったものの、独り立ちした子どもたちは母親の面倒は見たくない!と、ずっと一人暮らしを続けていたのでした・・。

・・それで、体調が悪くても働く続けていた理由はわかりましたが、体の具合を悪くした時くらい助けてあげてもいいだろう・・・。

夫が妻に対して暴力をふるう事を、最近ではDVといいい、ポピュラーになってきた訳なんですが、その当時、女性は耐えるだけ・・。という状況が想像出来る訳で、耐えきれない・・。と逃げ出す、というのはかなりヒドイ暴力だったんじゃないんだろうか。と思います。

・・他人の家族に立ち入る訳にはいかず、その家族の状況を知ってる訳でもないんですから、とやかく言うスジアイではないんでしょうが、「実の母親なんだから、助けてあげたらええやろうに!!」
と、その患者さんを相手に憤慨していたのを思い出しました・・・。


・・・平均寿命が延び、100歳以上の人口が2万5千人を超える現在。
それぞれが生きた人生の寿(よろこび)を、長く享受して欲しいもんだと思った次第です・・。


老いて楽しい・・それこそ“長寿”で良かったと思える、“天寿”を全うしたいオヤジです・・。





本日も最後までおつき合い頂き、また、ご支援頂いた皆様に感謝いたします。
カテゴリ:多事争論 | 23:43 |
| 1/2PAGES | >>