痛風
風が吹いても痛い  その3



ちなみになんですが、日本では痛風は明治以前には「ない」とされた病気でした。
安土桃山時代に日本を訪れたポルトガル宣教師、ルイス・フロスは「日本人には痛風がない」と記録し、明治のはじめにもドイツ人医師ベルツが「日本には痛風がいない」と記録しています。痛風が日本史に忽然と現れるのは明治になってからで、実際に増えたのは戦後、それも1960年代になってからと言われております。
という訳で、現在では全国に数十万人の痛風患者がいると推定されているのですが、日本での痛風患者の増加の背景には食事内容が欧米化し、動物性たんぱく質の摂取量が増えたこと、飲酒量の増加、社会構造の変化により個人の行動パターンが変化したことがあげられています。





          


戦後、栄養状況の改善とともに猛威をふるうようになった痛風なんですが、尿酸が体内にたまり、結節をつくることにより様々な障害を引き起こすのでありまして、まず、結晶により関節炎が起き、関節の周りや皮膚の下に結節ができ(痛風結節)、腎臓にたまった結晶により腎臓が悪くなり(慢性腎臓病)、また尿路結石ができたりします。
つまり、痛風結節、慢性腎臓病、尿路結石は痛風の合併症といえるのですが、これらは、尿酸の結晶という痛風発作と同じ原因によって起こるので痛風という病気そのものかもしれません。

尿酸の結晶が原因とはいえない合併症もあります。
例えば、心血管障害(狭心症や心筋梗塞)、脳血管障害(脳出血や脳梗塞)は痛風患者に発生しやすい合併症といわれております。痛風でない人にもこれらの病気は発生しますが、痛風患者ほど、また尿酸値が高いほど発生する頻度が高いといわれております。
更に、肥満の人、高血圧の人、高脂血症の人も痛風患者や尿酸が高い人に多いといわれており、、、

つまりは、痛風や尿酸値が高い人には、肥満、高血圧、高脂血症、心血管障害、脳血管障害、尿路結石、慢性腎臓病が多い事が判明しており、これらはすべて痛風の合併症といってもよいと思われます。



本日、痛風の友人にラインを送ったのでありました。

「その後、痛風の具合どう?」

帰ってきた返事が、、、

「ご心配お掛けしました!痛みは治りましたが禁酒中です!来月末位行きましょう!」


、、、、来月か、、、誘うべきか、もう少し先送りするべきか、、、、

、、、、合併症を読んでもらってから返事を聞くべきだった、、、、、

、、、、、、ちょっと後悔する今日この頃です、、、、










 
カテゴリ:医療のお話 | 23:00 |
痛風
風が吹いても痛い その2




(痛風結節画像)


痛風が頻発する悪友なんですが、最初は手関節を腫らして来院したのでありました。

「おおのさん、ごっつ痛いんですわ。」

痛風の腫れ方は一種独特でありまして(言葉に表すのは難しい、、、)痛み方と発生理由を聞けばほぼ判断できるのでありまして、

「あっ、これは痛風ですわ。すぐに内科に行きなはれ!」

「あぁ、、、やっぱり、、、」

本人も尿酸値が高い事を知っていたためある程度の覚悟は出来ていたようなのですが、さすがに痛風と聞いて、一縷の望みも断たれガックリ肩を落としたのでありました。









痛風はある日突然に始まります。上記の後発部位(特に足の親指)に耐えられない程の激痛とともに関節が腫れあがります。
痛風の結晶はただ沈着しているだけなら痛風発作は起こらないのですが、心身に大きなストレスをともなう動作や運動、急激な尿酸値の変動(飲酒など)などがきっかけとなり、関節に付着していた結晶が剥がれ落ちた時に発生するのであります。

激しい痛みの原因は、剥がれ落ちた結晶を白血球が異物と認識して攻撃、排除しようとするために起きる炎症反応であり、痛風発作は1週間〜10日程度で治まります。

ちなみに痛風は圧倒的に男性に多い病気でありまして、痛風の90%以上は男性。理由ははっきりしており、痛風の原因である尿酸の血中濃度が女性の方が男性よりも低いのであります。
これは女性ホルモンに腎臓からの尿酸の排せつを促す働きがあるからで、閉経後に女性ホルモンの分泌が減ると尿酸値は少し上昇すると言われております。

余談ですが、、、以前足首が痛い。と来院された女性の患者さんがおられたのです。特別な原因もなく関節が腫れ(独特な腫れ方)ており、すぐに痛風を思い浮かべたのですが、まだ30代の女性。しばらく頭を悩ませて問診していたのですが、内科的疾患で10種類以上の薬の常時服用していたのでありました。
これは薬の副作用と判断して内科に紹介状を書き、直ちに診察を受けてもらったのですが、帰ってきた病名は偽痛風。
痛風は男性だけ。と考えてはいけないと思った瞬間でありました。



  


 
カテゴリ:医療のお話 | 23:00 |
痛風
風が吹いても痛い その1

実は今週の土曜日、悪友、手っ取り早く言うと飲み友達と痛飲する予定だったのであります。先月から日程を調整して、場所も決め、あと数日というところだったのですが、今朝、ラインにメッセージが入っていたのです。
「すみません。痛風が痛んで今回は出席できません。日程の変更をお願いします。」
悪友の1人、今朝偶然にも彼の奥さんに出会い、痛風の話は聞いていたのですが、思わず、これで何回目や!つっこんでしまったのでありました。痛風の持病を持つ友人を飲みに誘うのも、どうなの。なんでしょうが、彼も、喉元過ぎれば。で、ちっとも懲りない。
痛みがある時は薬も飲み、飲酒は控え、食事にも気を配っているみたいなのですが、痛みが治まると会社の付き合いに接待。果ては酒豪も奥さんと自宅でも飲酒と、なかなか痛風をなめているのであります。

これはチビッと脅してやらなアカンな、、、

とまぁ、思いっきり私的な感情で痛風について書こうと思った次第です。






実際の話として、当院に来院される患者さんにも痛風の持病を持っている方は多く、1か月に1人、2人程、痛風と分からず来院される方もおられます。そういう時は直ちに内科を紹介し投薬治療を勧めるのでありますが、痛風の状況や怖さの認識の低さを感じるのであります。
痛風は、人体の血中や体液中の尿酸濃度が高いままであること(高尿酸血症)が原因で発症します。しかし、尿酸濃度が上昇しても、必ず痛風になるという訳ではなく、人口の10%は一時的に尿酸濃度が高い事があるそうです。
尿酸は、たんぱく質が分解される時に産生されます。尿酸は比較的不溶性である濃度以上になると結晶になる傾向があります。
痛風は、
’∋世硫畩蠅雰狙
尿酸の尿中排出量の減少
この2つの項目のどちらか、もしくは両方が起こった結果、結晶が関節に析出した時に現れるのであります。



                                           

 
カテゴリ:医療のお話 | 19:51 |
[症例画像紹介] 小児の骨折 Salter-Harris分類

【つい、ブランコから飛び降りて】 

小学生の男子ですが、友人と遊んでいて、「つい、ブランコから飛び降りたら手を衝いてしまって、、、」と、来院したのでありました。
腫脹を著明に認め、圧痛も顕著なため、提携先にCT撮影の依頼をしたのでありました。


           
Salter-Harris分類

      


骨端線損傷の分類として最もよく用いられているのはSalter-Harrisの分類でありまして、予後との関連からも重要なのであります。
TYPE
儀燭蓮づ尚未鯣爾Δ泙燭枠爾錣覆す端軟骨の骨折(成長板の骨幹端からの完全な分離)であります。
TYPE況燭郎任皸貳姪で,骨幹端に及ぶ骨端軟骨の骨折であり,骨幹端の隅に骨折による骨片を生じますが,骨片は非常に小さいこともあります。
TYPE祁燭蓮す端に及ぶ骨端軟骨の骨折であります。
TYPE厳燭蓮す端軟骨の骨折に加えて,骨端と骨幹端の骨折もみられます。
TYPE昂燭郎任皸貳姪でない型で,成長板の圧迫骨折になります。

という、Salter-Harris分類を踏まえていただき、「つい、ブランコから飛び降りた」彼の画像を紹介したいと思います。






(画像1)
CT3D画像になります。尺骨並びに橈骨遠位端に骨折を認めます。





(画像2)
CT縦断面画像になります。






(画像3)
CT横縦断面尺骨遠位骨端の切り取り拡大図になります。






(画像4)
CT横縦断面橈骨遠位骨幹端部の切り取り拡大図になります。






(画像5)
CT縦縦断面になります。骨折の転位が明瞭に表れております。






(画像6)
CT3D画像です。豆状骨の骨折画像になります。

・・・・とまぁ、「つい、ブランコから飛び降りた」のでありますが、怪我の状況はなかなか大変な状況になっていたのでありまして、、、
おまけにこの彼、「今度の日曜日、陸上の全国大会予選にど〜しても出たいんですけど。」なかなか無茶な事も言うのでありました(^^ゞ

本人、ご両親に懇願されて取りあえずの固定を行い試合に出場してもらったのであります。
「転んで絶対に手を衝くな!!」という、わたくしからの、シツコイ忠告に委縮したのか成績は振るいませんでしたが、転倒もせず痛みも起こらなかったようでした。
しかし、怪我の状況は決して楽観できるものではなく、骨端の損傷を強く認め、成長に伴って変形する事も考えられるため大学病院の整形外科を紹介したのでありました。






カテゴリ:医療のお話 | 23:58 |
[症例画像紹介] 鎖骨骨折 Vol2
 

(画像  






(画像 ◆

鎖骨骨折前回からの続きでありまして、骨折骨癒合の経過であります。
画像´△蓮CT3D画像の正面像。,1ヶ月後、△2ヶ月後になります。








(画像 )







(画像 ぁ

画像とい蓮CT3D画像上方からの画像になります。が1ヶ月後、い2ヶ月後になります。
レントゲンだけでは判別し難い仮骨の形成が、如実に判読できると思います。人間の体の不思議でありまして、仮骨が形成され骨が癒合すると、余分な所が削り取られ元のように真っ直ぐな骨になっていきます。
 
実はこの患者さん、骨折が3回目でありまして、かなり細身でありまして、なかなか骨癒合が悪かったのでありまして(^^ゞ
この後、1か月ほど通院の後、施術終了となったのでありました。

で、つい先日、持久走で足を痛めて来院された時、ついでに鎖骨も確認したのでありますが、しっかり癒合しておりました。
まぁ、痩せておりますから、鎖骨の膨らみは多少分かりますが、肩幅も変わりなく、「今年の夏は水着が着れるわ!」

この仕事をしていて、嬉しい瞬間でもありました(^−^)















カテゴリ:医療のお話 | 22:37 |
[症例画像紹介] 鎖骨骨折 Vol1
 
【部活動中に投げられて】


合気道の部活動中、先輩に投げられて骨折した女子選手です。
受傷直後、他院に行かれクラビクル・ブレース装着して、当院に来院されたのであります。疼痛が強く、「昨夜は眠れなかった。」と訴えており、何より、一目で変形を著明に認める。
提携先に連絡を入れ、翌日、骨折患部をCT撮影したのでありました。

以下、その時の画像です。





 (画像  

正面から撮影したX-P画像です。丸印のところ骨折部位になります。健側と比べると明らかに変形しているのがお分かり頂けると思います。










(画像 ◆

骨折部正面からのCT画像になります。
X-P画像よりも骨折部がより鮮明にお分かり頂けると思います。中枢骨片は胸鎖乳突筋に引っ張れ上方に転位しているのが著明に表れております。









(画像 )

骨折部の上方から撮影したCT画像です。
大胸筋の作用により、骨折部が短縮しているのがお分かり頂けると思います。

患者さんは高校生の女性であり、痩身でもあり変形が著明に判別できるのでありまして、このまま骨癒合すれば、左右の肩の幅の長さが違ってくる事も考えられます。患者さんに説明、了解を得て再度整復を行い、「T字状金属副子」を装着したのでありました。

鎖骨骨折の難しさは、整復よりも固定にありまして、筋肉の作用によりどうしても転位しやすい。
「昨夜は普通に横になって寝たけれど、痛くて眠れなかった。」という訴えだったので、半座位での就寝並びに「胸を張る。」事を指導したのでありました。

次回、この患者さんの経過を述べてみたいと思います。




                   


                




カテゴリ:医療のお話 | 23:34 |
[症例画像紹介] オスグットの骨折
 
【小学生の時にオスグットを患って、、、】


陸上部の大学生でありますが、「激痛で足も着けない。」と来院されたのでありました。
確かに、オスグットを思わせる骨の隆起はあるのですが、その疼痛が半端ないのでありまして、、、
骨折を疑い、提携先のクリニックに連絡してCT撮影の依頼をしたのでありました。
以下、その画像です。




 
 (画像 1)

CT3D画像、正面と側面像です。ピンクの○印、ほねの隆起が確認出来ると思います。骨の隆起と圧痛、疼痛は一致しております。






 (画像 2)

縦断面画像と3D画像側面像を並べてみました。縦断面画像で、より骨の状況が分かると思います。





 (画像 3)

縦断面画像の切り取り拡大図です。隆起した骨が半ば剥がれかかっているのがお分かり頂けると思います。
痛みの原因はその剥がれかかった骨であるのは間違いないのですが、小学生の時に患ったオスグット。大学生になっても時々痛みは感じていたそうです。
それがハードなランニング(ダッシュ)を行った時に、プチッという感じで激痛に襲われ、歩行困難に陥ってしまったのでありました。
まぁ、骨の連絡はありますから不全骨折というところでしょうが、固定安静の3週間は、試合を控えた彼には長い期間だったようです。



※注釈 オスグットとは

一般的には、「オスグッド」と略されますが、正式名称は「オスグッド・シュラッター病(症候群)」であります。
オスグット・スラッター病はサッカーやバスケット、陸上などのスポーツをする小・中学生や高校生に多く見られ、膝の脛骨が出っ張って痛む骨軟骨炎であります。
1903年にボストンの整形外科医ロバート・ベイリー・オスグットとチューリッヒの外科医カール・シュラッターが別々に症例を確認、発表したためこの病名が付いたのであります。

         

カテゴリ:医療のお話 | 23:25 |
[症例画像紹介] 前腕骨折(橈骨・尺骨2骨骨折)
  
【転倒し手を衝いて骨折したのですが・・・】

ある時、「骨折したのですが、診ていただけますか?」と、来院された女性の患者さんでありました。
一目で骨折だと判別できる変形を伴っており、直ちに、提携先のクリニックに連絡を取り、CT撮影の依頼をしたのでありました。以下、その画像です。






(画像 1)
CT3D画像、正面と側面であります。
説明も不要な程の変形を伴っております。






(画像 2)
CT3D画像、橈側斜位と尺側斜位です。末梢骨片が中枢に乗り上げているのがお分かり頂けると思います。





 
(画像 3)
画像1の側面像の切り取り拡大画像です。ピンクの矢印で末梢骨片の移動を示してみました。







(画像 4)
画像2の橈側斜位の切り取り拡大図です。


実はこの患者さん、来院時から、「手術をしないで何とか治したい。」と何度も繰り返すのでありまして、私も、何とか希望に沿うように徒手整復を行い、固定を施し施術するつもりだったのであります。

ところが、よくよく話を聞いてみると、、、、
この患者さんのご主人の様態が悪化して入院しているのでありまして、そのご主人が入院している病院の階段で転倒して骨折したのでした。そこで診察を受け、「明後日に手術します。」と言われているのに当院に来られたのでありました。

「・・・・いやそれはマズイやろ、、、」
提携先から骨折の同意は取っているにしても、優先順位からしたら先に診察した病院でしょうし、そこにご主人が入院しているのなら尚更でしょうし、、、
よくよく、、よくよく話を聞いてみると、ご主人はここ数日がヤマらしく、息子さんたちに連絡を取るように言われているらしいのです。

「いやはや、これは困った、、、」
何度か経験している箇所の骨折ですし、患者さんの希望に十分こたえる自信はあったのですが、、、危篤状態のご主人が入院している病院に、よその接骨院で整復してもらいました!と、この患者さんが行った時には、診察したドクターの神経を逆なでするのは火を見るより明らか・・・・。

「これは、S病院に帰って治療を受けた方がイイですわ。手術するのはイヤです。とはっきり言ったら手術せずに治療してくれますよ。ご主人が危篤状態なら尚更、よそで治療を受けたとなるとドクターの気分も良くないですからね。」

「あの病院は嫌いなんですわ!」
嫌いな病院にご主人を入院させているその心理もよく理解できなかった私ですが、なんとか納得してもらい帰って頂いたのでありました。

数週間後、この患者さんが来院されたのですが、結局手術をされたそうで、、、

なんとも後味が悪かった症例でありました。


  

                











カテゴリ:医療のお話 | 00:29 |
[症例画像紹介] 脊椎辷り症・腰椎椎間板症
 
【長年の介護で悲鳴を上げた脊椎】



ある日の事。長年、実の母親の介護に携わっていた女性が来院されたのでした。もうすぐ定年という年齢ですが、「とにかく、腰と足が痺れて痛い!」
真っ直ぐに腰を伸ばせない状態だったのでありました。
何とかして定年までは働きたい。という訴えなのでありますが、状況があまりにも良くないと判断したため、直ちに提携先の診療所に予約をして、MRIの撮影を行ったのでありました。




 (画像  


脊椎の縦断面の画像であります。腰椎の滑り、脊椎椎間板の変性がお分かり頂けると思います。





 (画像 ◆


脊椎の横断面の画像です。左がL4/5の横断面。右がL3/4の横断面になります。脊椎管の狭窄がお分かり頂けると思います。





 (画像 )

画像,寮擇蠎茲螻搬膺泙任后左のピンク色の○印が脊椎椎間板の変性部分となります。変性した椎間板が脊椎管を圧迫しているのがお分かり頂けると思います。
右のオレンジ色の矢印が第4腰椎の辷りの方向です。下の第5腰椎に比べて随分前方に辷っているのがお分かり頂けると思います。




 (画像 ぁ

画像△痢L4/5の部分の切り取り拡大図です。
ピンク色の○印の部分。両側の神経孔の部分が狭くなり、まったくといってよいほど隙間がなくなっているのがお分かり頂けると思います。
黄色の○印が脊椎管の狭窄部分であります。通常の状態との比較はここではしておりませんが、変性した椎間板が脊椎を狭めております。

この患者さんの腰痛及び下肢への痺れは、この腰椎の辷りと、変性した椎間板が脊椎管・神経孔を狭めている所から起こっていると考えられるのであります。


まぁ、この患者さんの介護の話を聞くとなかなか壮絶だったのでありまして、、、昼間は普通にしている実の母親が、夜になると暴れだすらしく、食事からトイレ、身の回りの世話すべてを一人でこなしておられたのであります。数日前に母親を施設に入所させ、ホッと息をついた途端、今度は自分が動けなくなったのでありました。
「気持ちが緩んだんですかねぇ〜。」
長年の苦労を感じさせない穏やかな顔でそう言っておられましたが、長年酷使した脊椎の表情は、介護の過酷さを醸し出しているのでありました。




        










カテゴリ:医療のお話 | 23:07 |
[症例画像紹介] 種子骨異常
 
【偶然発見した陸上選手の種子骨異常】


まったく別の外傷にてCT撮影を依頼した陸上選手なのですが、偶然にも種子骨の異常を発見したのでありました。
以下、その画像です。





 (画像  

CT3D画像とCT横断面の画像です。内側の種子骨が2つに分裂しているのがお分かり頂けると思います。







 (画像 ◆

CT3D画像側面像、親指側からのビューと小指側からのビューです。こちらでも、種子骨の2分割がお分かり頂けると思います。







 (画像 )

CT3D画像正面像の切り取り拡大画像です。
より鮮明のお分かり頂けると思います。


実際の所、第1中足趾節の部分に疼痛は認めず、ランニングに支障をきたしている訳ではないのですが、画像を見ていて発見したのであります。
先天的な二分種子骨、もしくは種子骨障害が考えられますので、患者さんご本人には伝えたのでありました。




               

      













カテゴリ:医療のお話 | 23:32 |
| 1/5PAGES | >>