<< 長寿・・ | main | ゴースト・・ >>
夢みる・・

【画像 17日に新代表選出−民主】
民主党は15日午後、岡田克也代表の辞任と、17日の代表選実施を正式に了承した。写真は代表選出馬を表明する前原誠司衆院議員(中央)と、出馬が取りざたされている菅直人前代表(左)、小沢一郎副代表(右)


衆議院選挙惨敗の民主党。ゴタゴタしなけりゃいいけど・・。と思っていましたが、案の定、引責辞任した岡田さんの後釜選びはやはり大変なようで・・。ベテランにかえるのか、それとも思い切って若手に切り替えるのか・・。ちょっと興味があります。
それにしても、民主党の代表って、なかなか任期を全うしない人が多いようで・・。頑張って欲しいもんです。

<民主党代表選>前原氏が正式に出馬表明
 民主党の岡田克也代表の辞任に伴う代表選で、前原誠司「次の内閣」防衛庁長官が15日、記者会見し、正式に出馬表明した。党内の一部から出馬要請が出ている菅直人前代表は、側近の議員らと協議を続けたが、結論を持ち越した。小沢一郎副代表は16日に最終判断するとしており、17日に行われる代表選の構図は、前原氏とベテランとの選挙か、前原氏の無投票選出かに絞られた。
 前原氏は記者会見で「党を戦う集団に変える」と表明。先の衆院選については「郵政民営化法案に対案を示さなかったのが最大の敗因。代表に就任すれば重要政策は常に対案を示す」と述べた。
 民主党は15日午後、党本部で両院議員総会を開き、岡田氏が正式に辞任を表明し、17日の代表選実施が承認された。出席議員からは、衆院選の惨敗について執行部の責任を問う声が続出した。【宮田哲】
(毎日新聞) - 9月15日23時


密室会議で代表を決める・・。少し前の自民党がそうであり、それをさんざん批判していた民主党。自分達の代表を決めるのに、話し合いで決める。なんて事はしないでしょうね?
立候補者が集い、自分の信念を述べて、是非、投票で決めて欲しいもんだと思いました。それにしても今度の代表。火中の栗を拾うもたいなもんで、大変だろうと感じます。民主党を是非、魅力的に変えて欲しいもんです。



・・・それでまぁ、選挙は終わった訳で、今度の国会ではどうやら「郵政民営化」は可決される見通しとなった訳です。
この「郵政民営化」は小泉総理の悲願というか夢であったようで、言うなれば、「小泉総理の夢がかなった。」という所でありましょうか。
でまぁ、本日は、“夢”の話なんぞでも・・。ただしこの“夢”は寝ている時にみる夢ですんで、お間違えなきよう・・。

・・・基本的に、夢をみる日と見ない日があると思うのですが、それはいったいどういう理由からか・・。

睡眠にはレム睡眠と呼ばれる浅い眠りと、ノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りがあります。一晩の睡眠は、まず深い眠りのノンレム睡眠状態から始まる訳です。
その時間は約90〜120分。次に浅い眠りのレム睡眠に入り、その時間が約20分。以降、ノンレムとレムを交互に繰り返し、普通はレム睡眠の時に目を覚ます訳であります。

人間が夢を見るのはレム睡眠時で、レム睡眠中は誰でもほとんど確実に夢を見ているのだそうです。

ところがまったく夢を見ないという日があるのは事実で、それは実際に夢を見ていないからではなく、確実に夢を見ているのですが、残念ながら、その夢をずっと覚えている事が出来ないんだそうです。つまり、見た夢を忘れてしまうのが真実のようです。

結局、夢を見ない日があるのは、実際に見ていないからではなく、夢を見ているその時、あるいはその直後に目を覚まさないからであります。

・・・それで人によると、「天然色の夢を見る」という人がおられます。しかし、そういう人は少数派で、大多数の人が見る夢はモノクロである事が多いようであります。

ではなぜ色つきではないのか・・。理由は2つ考えられます。
1つは、実際に見た夢には色が付いていたのに、それを思い出す時に忘れているという事。
もう1つは始めっから色がついていないという事。

どうも、この2つの理由の中では、後者の理由が正しいと思われています。

夢は脳が記憶したものの再現であります。その記憶したもの。すなわち目覚めている時に見た物、それがどんな色であったかについてはあまり憶えていないのが普通であります。

・・・以前、実験していた事があったのが、商店街でカップルに突然大喧嘩をしてもらいます。で、派手にケンカをした後、走り去ってもらう訳です。そして、しばらくして、ケンカを見ていた人に、そのカップルの服装とか洋服の色とか・・印象とかを聞く訳なんです。
・・・実は、正確に記憶している人は皆無に近い状態なんです・・。
それくらい、色を憶えている人は少ないという事であります。

で、目にしたものがとくに色彩においては印象的であるといった以外は、そのものの色は強く記憶されない訳です。記憶したものが色つきでなければ、夢は記憶したものの再現であるから、その夢のは色はつかないという事になるのです・・。



・・・「郵政民営化」という“夢”を叶えたであろう小泉総理。

自民党大勝という“色”まで付けたのですから、これから見る夢はさぞかしフルカラーなんでしょう・・・。


・・えっ!オヤジ“夢”ですか?・・いつも嫁バクに食われており、セピア色になってます・・。




本日も最後までおつき合い頂き、また、ご支援頂いた皆様に感謝いたします。
カテゴリ:多事争論 | 23:46 |