<< 院長って・・モテル? | main | 健康ってなんだ・・・ >>
人間の翼


零戦復元 無安打無得点…特攻隊で戦死、石丸投手が搭乗

 プロ野球で戦中最後のノーヒット・ノーラン(無安打無得点)を達成し、特攻隊員として戦死した石丸進一投手(当時22歳)が搭乗した零戦が、故郷の佐賀県で復元された。大戦末期、特攻で約6000人の若者の夢が消えた。「多くの特攻隊員の思いを伝える『平和のシンボル』にしたい」。同級生らの共通の願いだ。(毎日新聞)



(写真、映画「人間の翼」パンフレットより抜粋)

。。映画「人間の翼」によって、石丸投手を知った方が多いと思うのですが、あの沢村投手も戦争の犠牲になった名選手の1人。
戦禍に消えた名選手として、復元された零戦は語り継がれていく事だろうと思う次第です。

で、その 零戦復元プロジェクト を見ていただければ、その趣意などがわかると思うのですが、この零戦の展示場所も決まっておらず、制作費もままならない様子であります。
戦争の痛ましさを伝える手段としてのプロジェクト。なんとか成し遂げて欲しいモンであります。

でまぁ、この石丸進一投手のことを知りたいと思った方は、 
石丸進一コレクション
を見て頂きたいのですが、戦時中における野球の厳しさを感じてしまう訳で、今現在、野球に携わっている人間や選手。実に恵まれている。と思う次第です。
こんな困難な状況下でも、野球を愛した人たちはいた訳で、金儲けの手段としての球団上場やら、ワンマンな人間の球界支配やら、つい、嘆かわしい状況である。と思ってしまいます。

このプロジェクトに、資金を出してやろう!!という、球団オーナーはいないモンでしょうかね・・。



。。。で、本日、城島選手が初の日本人大リーガー捕手に決まった訳で、3年契約、22億円超という金額。日本人野手の大リーグ入りは、同じマリナーズのイチロー外野手、ヤンキースの松井秀喜外野手らに続き8人目となる訳なんですが、大リーガー捕手の誕生は初めてであります。


また、ヤンキース・松井秀喜外野手と女優の戸田菜穂さんが、結婚を視野に交際していることが報道され報道された訳で、その扱いは一面トップ。
松井選手は4年62億円の大型契約を勝ち取った事が大々的の報道された直後でもあります。



。。。さてさて、石丸進一選手がこのニュ〜スを聞いたら、どう思うのか・・。


大リーグに通用する選手がぞくぞく登場して嬉しいと思うのか・・。


高騰する年俸を見て憂うのか・・。



冥土に行ける、人間の翼があれば、石丸選手に聞いてみたいと思ったオヤジです・・。







最後までおつき合い頂き感謝いたします。

野球界って発展するのかな。。。フト、心に過ぎった次第です・・・。
カテゴリ:多事争論 | 23:42 |