<< おしどり夫婦って・・・ | main | ものは試し・・・ >>
次は、決勝戦なんですが・・・


野球=WBC、日本が韓国を下し決勝進出
 3月18日、野球=WBCで日本が韓国を下し決勝進出。上原(写真)は7回を投げて被安打3、8奪三振で韓国打線を零封(2006年 ロイター/Mike Blake)(ロイター)18時51分更新


。。。。本日の話題はコレ一色だったようで、改めて言うまでもなく、日本が韓国に勝ち、決勝にコマを進めたのであります。
その相手が、優勝候補だったドミニカではなく、アマチュア世界一のキューバという訳であります。

それにしても、、、この大会は変であります。

まず第一に、あの審判の未熟さであります。
どう考えても地元アメリカびいきとしか思えない訳で、一部では、渦中の審判ボブ・デービットソンは視力が悪いんじゃないかとさえ言われております。

何にしろ、国際大会で自国の試合を、自国の審判がジャッチする事自体がおかしい訳で、てめぇ〜。エエ加減にしろよ!!という批判は湧き起こっても仕方がないと思うのであります。

そして、決勝までに同じ相手と3回も戦う事が、異常だと思ってしまうのであります。
アジア1位の韓国、アジア2位の日本。この2チームは普通、2次リーグでは戦わないモンじゃないでしょうか?
2チームが次に戦うとしたら決勝戦だと思う訳で、6勝1敗の韓国が決勝に進めず、4勝3敗の日本が決勝に進むって・・。
日本が勝って嬉しいのですが、何か釈然としないモンを感じてしまいます。

だいたい、、、日本はアジア予選で2位。キューバも中南米で2位。
日本は2次リーグでも2位。同じくキューバも2位。
日本は4勝3敗で、キューバは5勝2敗。
そういうルールだといえばそうなんですが、このルールがおかしいと思ってしまうのです。

だいたい、投手に投球制限を課す事自体も納得出来ず、これってアメリカを優勝させる為の陰謀?と、つい勘ぐってしまいます。


・・・でもまぁ、大リーガーを揃えて、優勝候補だったアメリカは2次リーグで、同じくドミニカは準決勝で、揃って敗退した訳で、野球はホームランだけじゃ勝てない。という事がよく分かったんじゃないでしょうか。

ここにきて、アメリカメディアに、アジア野球の質の高さが見直された事は非常に嬉しい訳で、少し、、、ザマァ〜ミロ!という気分になってしまいました。


出来うれば、今度の決勝戦は、日本対韓国で戦って欲しかったと思うオヤジであります・・・。






最後までおつき合い頂き、感謝いたします。
それにしても、上原投手の快投。福留選手のホームランには感動しました。
決勝でも頑張って欲しいモンであります(^^)






カテゴリ:スポーツの話 | 22:53 |