<< あな恐ろしやブログの威力・・・ | main | スジが通ったスターのようで・・・ >>
慣れ親しんだモノなのに・・・


太陽系惑星 冥王星を除外 賛成多数で最終案採択 IAU
【プラハ会川晴之】チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は最終日の24日、全体会議で惑星の定義案を議決、1930年の発見以来76年間、第9惑星の座にあった冥王星を惑星から降格する最終案を賛成多数で可決した。太陽系の惑星は一つ減って8個になった。全体会議に出席した数百人の科学者による投票で、教科書を書き換える歴史的問題が決着した。


。。。。まったく今朝の事、小学4年生になる息子が、、、

「パパぁ。太陽系の惑星って、水・金・地・火・木・土・天・海・冥 やんな!」
新聞を読んでいたわたくし、、、

―― まさか新聞は読めまい。何でこんな質問を・・・。

まさに、「冥王星は惑星から除外!」 を読んでいたところ。我が子がこの記事を知っていたとも思えず、、、偶然にしてもエライタイミングやな・・。思わず息子の顔を見つめたのでした。

「そうやな。それで合ってる。・・けど、どうやら、今日の新聞を読んだところ、冥王星は除外されるそうやわ。水・金・地・火・木・土・天・海・・の8つになるみたいやな。」

「ふ〜〜〜ん、、、」

オヤジとしては、「なんで?」 と質問して欲しかったところですが、記事を一読しただけでは説明するのに苦慮しそうだった訳で・・・。
本心は、「助かった。」 だったのですが、冥王星が惑星から外れる事が妙に寂しい気持ちにさせたのでありました。

確かに、冥王星の太陽を回る周期は他の8つの惑星に比べると、大きく逸脱しているのを不思議に思った記憶はあるのですが、まるで呪文を唱えるように言う事が出来る、水・金・地・火・木・土・天・海・冥 の並び。

その、冥 だけを外すのに苦労するかもしれません(^^;


・・・あの、アニメ「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」では、冥王星は敵の前線基地が置かれたり、人間の墓地として利用されるなど、太陽系の重要な惑星として描かれていた訳で、「冥王星=太陽系の果て」 そんな考えだったわたくしからしたら、外れた理屈はわかりますが、「残しておいて欲しかったなぁ〜。」 つい名残惜しい気持ちになってしまいました。



まぁ、、、人類が進歩したら、きっと冥王星くらいまで、足を伸ばせるようになるだろうと思う訳で・・・。



まぁ、、、わたくしが生きている間には、無理な話だとは思う訳で・・・。



まぁ、、、一足先に、冥土に立っているであろうと思うオヤジです・・・。






カテゴリ:社会問題 | 23:58 |