<< 曇りのち晴れ、、、 | main | 花道を飾るには・・・ >>
指導力の発揮は・・・
。。。。昨日より、北朝鮮核実験のニュ〜スで持ちきりの感がある報道番組なんでありますが、、、
とにかく各コメンテーターのお話がほとんど一緒で、3つも見れば、「もうお腹一杯!」

狂人が弾薬 (核兵器) を持ったのはよく分かったから、マシンガン (核弾頭) にする前になんとかしろ!

簡単に言うとそういう事になると思う訳で、狂人の意志1つでどうにでもなる国柄。これは早急に、(核弾頭を作るには5年とか、、、) 国際社会が手を携えて善処しなければイカンでしょう。

初の外遊で突然の問題に出くわした安倍総理。最近、「あー、えー」 が多くて歯切れの悪さが目立っておりますが、ここはいきなりの正念場。

ゼヒ、指導力を発揮して欲しいモンであります。




球団70周年、飾るV=守りの野球が開花−プロ野球・中日

 落合監督の体が4度、宙に舞った−。プロ野球セ・リーグの中日が10日、東京ドームで行われた巨人最終戦に9−3で勝ち、2年ぶり7度目のリーグ制覇を決めた。優勝へのマジックナンバーを「1」としていた中日は、3−3の延長12回に、福留の適時打、ウッズの満塁本塁打などで6点を挙げて試合を決めた。
 就任3年目の落合監督の下、中日は今季、投手陣を中心とした守りの野球に磨きをかけた。8月12日に球団史上最速でマジック「40」を点灯させるなど、シーズン中盤からペナントレースを快走。その後、阪神の粘りにあったが、9月中旬の直接対決3連戦に勝ち越すなどして優位を保った。6月13日に首位に立ってからその座を明け渡さず、球団創立70周年を最高の形で締めくくった。 
(時事通信) - 10月10日22時30分更新


。。。。本日のニュ〜スはこれでありましょう。

ここ数年、阪神と中日が交代で優勝しているセントラル。良く言えば2強なんでしょうが、言葉を換えると4弱。
WBCとかは盛り上がったのですが、ペナントレースになるとホンマ尻すぼみ。

野球人気の陰りは、2強の独走を許す他のチームにもあるでしょう。春先のみ独走したジャイアンツ。来年は夏場くらいまでは頑張って欲しいモンであります。

・・・それに反してパシフィックが面白い!

日本ハムの1位も新鮮でしたが、この2年の雪辱を果たそうと、西武を破ったソフトバンク松中選手の涙。

2位のチームが日本シリーズに出場する。というジンクスはあっさり破れ、またしても面白味が増したのであります。

さてさて、、、中日と日本シリーズで対戦するのは、日本ハムかはたまたソフトバンクか・・・。

興味津々、その行方を見守りたいと思うのであります。


あっ! そうそう、、、落合監督、セリーグ制覇おめでとうございます。

落合監督の力量は認めますが、優勝が決まった後、監督の奥さんとご子息がテレビに出演するのが、どーしても好きになれないわたくし、、、

ゼヒ、選手を指揮する指導力を、息子にも発揮して、今年は遠慮させるよう、して欲しいと思うオヤジです・・・。






カテゴリ:多事争論 | 23:58 |