<< アッシーな1日、、、 | main | 判明してみると、、、 >>
嫁譲りな性格、、、
。。。。少し前、12月2日の土曜日の事。
わたくし、レセプト業務で深夜に帰宅しており、朝は死んだように眠っていたのであります。

フト、、、気が付いて時計を見上げたら、8時50分を指しているではありませんか!!
診療は9時から、何がどう転んでも遅刻。

「うわぁ〜!!エライこっちゃ!!」 奇声ととともに飛び起きたわたくし。

「あっ! パパぁ起きたぁ〜。」 リビングから我が娘のおっとりとした声が、、、


宅の嫁は息子の野球で早朝に出ており、、、あのやろぉ〜、電話くらいしてこい!! 恨み言をいう時間もなく慌ただしく着替え始めたのでありました。

「パパぁ〜。パンは焼けてるよ!」 またしてもおっとり娘、、、

「食べてる時間ないわ!!」

「ふ〜〜ん、じゃぁ替わりに食べておくね。」

―― パンを焼いてくれる心遣いがあるんやったら、とにかく起こせ!! 

着替えてとにかく、脱兎の如く飛び出したわたくし、、、遅刻も5分ほどで納まり、何とか仕事を終えたのですが、気分は納まらない。
仕事終了とともに宅の嫁に電話をしたのでありました。

「くらぁ〜! 電話くらいしてこい! 遅刻したやないか!!」
結構、気色ばんで言ったのでありましたが、、、

「朝の8時に電話したよ。パパを起こしてや! って言うておいたんやで。」

「えっ!」
まったく電話の音に気が付いていなかったわたくし、、、その電話でどうやら娘が目を覚ましたようで、、、

「・・起こしたの? って聞いたら、『パパ、起きなアカンで!』 って言ったら、『分かった。』って言ったモン、、、やて。」

「それは起こした。やなくて、声を掛けた。って言うねん。・・・頼むわ、、、。」

しっかりしているようでとぼけた性格の娘、、、俺はあんなにおっとりしてへんで! あの性格はお前や! あれはパパやで! 
毎度、宅の嫁と言い争いになる我が夫婦なのでありました・・・。



・・・・でまぁ、本日の事。
いつものように、「これから帰るわ!」 仕事が終わった後、自宅に電話したのであります。

と、「パパぁ〜。病院にシュポシュポある?」 宅の嫁が言う訳で、、、

「なんやぁ?! シュポシュポって??」

「あんなぁ〜、、、トイレのつまりを直すヤツ、、、」

「えぇ〜〜〜! もしかして、、、トイレが詰まったんかいな?!」
妙に神妙な声やと思えば。わたくし、どんより気分で帰宅したのでありました。

自宅に帰って、、、「何を流したんや!」

「あんなぁ〜。マックがおしっこを失敗してなぁ〜。おしっこをティッシュで拭き取ってんやんかぁ〜。」

「ティッシュを流したんかいな!」

「詰まると思えへんかってん。」

・・・わたくし、食事の後、熱帯魚の掃除に使うホースを使い排水溝に詰まったティッシュを取り出し、それを拾い上げゴミ箱に捨て、、、最後はホースに息を吹き込み流した訳で、、、

「くらぁ! エエ加減にせーよ! トイレにティッシュを流したら詰まるって習ったやろ!! 今度からはティッシュはゴミ箱! 分かったな!!」

「はぁ〜〜〜い。。。マック、あんたのせいで怒られたやないか。」

「いや、、、そうじゃないやろ。」

「マックがおしっこを失敗するからやでっ。気ぃつけなアカンでっ。」
愛犬マックを抱き上げ立ち去る宅の嫁、、、

―― コイツ、、、ちっともこたえてへんな、、、、


我が子のノーテンキな、とぼけた性格は間違いなく嫁譲り、、、


目くじらをたてるのが、馬鹿らしくなるオヤジです・・・。




カテゴリ:ココだけの身内話 | 23:58 |