<< 「発掘あるある大事典」に思う、、、あるある話 | main | 無くして気づく事も、、、 >>
スーパーボールの楽しみが、、、

。。。。この火曜日の深夜というのか、水曜日の未明というのか、、、わたくし、1日遅れで放送される、「アメリカンフットボール・スーパーボール」を楽しみにしていたのであります。

本当の事をいうと、結果も知らずに観たかったのでありますが、ネットのトピックスなどに、「コルツの勝利!」 がデカデカと出ていたりするモンですから、どちらが勝ったのかは知ってしまった訳ですが、、、
試合の経過だけでも楽しもう!
毎朝隅々まで目を通す朝刊も、その日はスポーツ欄は飛ばして読むなどして出勤したのであります。

まぁ、、、アメフトのトレーナーなんぞをしていた関係上、いつしかアメフト観戦が大好きになった訳で、この、「スーパーボール」 はまたひと味違うアメフトの醍醐味を感じさせてくれるのであります。

ところが、、、

いつものように仕事をしておりますと、馴染みの患者さんが。。。
「先生! コルツが勝ちましたな!!」

満面の笑顔で話しかけてくる訳で、、、
リアルタイムに観ていたその患者さん、話したくて仕方がないのであります、、、

「・・・あぁ〜〜〜そうみたいですね、、、、」
いやぁ〜〜な予感を感じたわたくし、、、いつもは饒舌なんでありますが何とも返事の重いこと、、、

「いやぁ〜〜面白かったですよ!! 試合開始直後に、いきなり、キックオフリターンタッチダウンですからねぇ〜。」

―― ギャァ〜!! ヤメテ!! その試合は今晩観るんだから!!

「・・・あぁ〜〜〜そーなんですか、、、いやぁ〜今晩放送があるでしょう。それを観ようかなぁ〜と思ってるんで、ニュースの試合経過は見てないんすっよ、、、、それよりイイ天気が続きますね! ホンマ暖冬ですね!」

必死になって話題を変えようとするわたくし、、、ところが、、、
「ホンマにエエ天気が続きますよね。でも、スーパーボールはごっつい雨でしたで!!」

話題を変えても、またしてもスーパーボールに戻ってしまうのでありまして、、、
「・・・あぁ〜〜〜そーみたいですね、、、」

「その雨の中、MVPがコルツのQBのえぇ〜〜と、、、」

「・・・マニング、、、ですか、、、」

「そうそう!! ランニングバックが独走したりして、最初はベアーズが押していたんでっけどな、後半からは・・・・。」

とうとう、、、その患者さん、チャレンジの話までしてくれまして、試合の経過はほとんど知ってしまった訳であります。
推理小説の犯人を途中で知らされたみたいな、、、サスペンスのオチを教えられたみたいな、、、ガックリとしたわたくし。

それでもその夜、テレビ観戦した訳なんですが、さすがに試合経過まで知ってしまうと興味が半減してしまったのでありました。


テレビを見ながら、、、、

焼酎何ぞを飲みながら、、、、

個人的にベアーズファンのわたくし・・・


ホンマに、、、クマった患者さんだわい、、、


テレビの前で、知らぬ間に冬眠していたオヤジです・・・ 




カテゴリ:接骨院のお話 | 23:04 |