<< カイキな結婚話 (^^; | main | カチカチ山の試供品・・・ >>
またしても長らく・・・(^^;
1月も25日になって、謹賀新年というのも間抜けでございますが・・・
やっとブログを再開する事にいたしました。
本年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m


実は、昨年はホンマ色々な事がありまして、真剣にブログを閉鎖するつもりになっておりました。わたくし、結構正直モンでありまして、思った事をツイ書いてしまう。
他人を傷つけるんじゃないか・・・。とか、こんな馬鹿な話を書いてエエんやろか・・・。とか、悩み始めたら書く気にならない。ついつい記事のアップが疎かになってしまいました。
まぁ、待っている人は少ないとは思いますが、ボチボチと再開いたします(^^;


。。。。実は昨年の9月。わたくしがこのブログを休むきっかけともなった、当院の患者さんが水難事故で亡くなるという事故が発生したのであります。患者さんは小学5年生の男の子。
その事実を知ったのがテレビのニュースでありました。

当院の従業員が、「先生。〇〇君って、、、小学5年生でした、、、。」
偶然待合室のテレビでニュースが流れたのを目撃したのであります。

驚愕。というのはこういう時に使うのだと、改めて認識したのでありまして、こういう事故はまったく別世界。遠い次元で起こる事。そういう認識しかなかったわたくし。当院の患者さん、それも小学5年生の彼の名前がテロップで流れた時は、呆然となったのであります。

亡くなった彼も、彼のお姉さんも、彼のお母さんも当院の患者さんでありました。
彼の家庭は母子家庭でありまして、お母さんは子どもたちのため、自らの夢の実現のため専門学校に通い、資格を取るために頑張っておりました。

「ホンマによう頑張るねぇ〜。」

「そうかぁ、普通やん!」

いつもそう言って感心するわたくしに、カラカラ笑って答えていたお母さん。いつも明るく笑っているお母さんなんでありますが、その努力は並大抵ではなかった思うのでありまして、、、
朝から学校に通い自宅に帰るのは夕方。それから食事を始め家庭の事を済ませて学校の宿題に実習記録。休みの日には学校行事や地域の行事に顔を出して活動をする。
話を聞いているだけで頭が下がる思いだったのであります。

わたくし、事故を知った時、「世の中にホンマに神様っておるんやろか・・・。」 
世の中に失っても良い命などないと思うのでありますが、なぜ彼を天に召してしまう、、、彼のヤンチャな笑顔を思い出すと悲しみが溢れ、お母さんの天真爛漫な笑顔を思い出すとやるせなく、お姉ちゃんの朗らかな笑顔を思い出すと胸が痛んだのであります。



お通夜の日。

亡くなった彼のお母さんは部屋の片隅で抜け殻のように座っておりました。祭壇に半ば背を向けるように座り垣間見える横顔には、何もする気力がない。そう物語っておりました。
中学生のお姉ちゃんは棺の傍らに座り涙ながらに、焼香する人、一人ひとりに頭を下げる。その健気な姿に、わたくし恥ずかしながら涙してしまったのであります。

お通夜に伺ったのもかなり遅い時間だったのでありますが、焼香の列は小学生が占めており、その子どもたちが流す無垢な涙にも胸を打たれ、、、、
わたくし、何度となく葬儀にもお通夜にも出席したのでありますが、こんなにツライお通夜はなかったのでありました・・・。

長年、この仕事をしておりますと、身内をはじめ患者さんの「死」に直面する事は多々あったのでありますが、突然の事故により、わたくしの息子と同い年の患者さんの命が天に召される。
この事故はかなりの衝撃でありまして、恥ずかしながら約1週間は食事もままならず落ち込んでしまったのでありまして、当院の従業員もかなりショックであったらしく、当院の雰囲気も1週間はかなり暗いものでありました。



49日の日。

わたくし花を携えて事故現場に出向いたのであります。
現場には小さな祭壇と花びんが置いてあり、綺麗に花が生けられておりました。祭壇にはサツマイモとマクドナルドのハンバーガーがひとつ。
「彼の好物やったのかな・・・。」
そう思いながら献花させて貰ったのであります・・・。



人の人生。一瞬先はまったく分からないものであり、運命には逆らえないものではあります。
わたくし彼の49日の後、娘と息子にこの亡くなった彼の事を話したのであります。親よりも子供が先に亡くなる事の悲しさを伝え、命の大切さを伝え、真剣に今を生きる事を教えたのでありますが、我が子が流した涙がホンモノである事を信じたいのでありました・・・。




。。。。香典返しが届いたその中に、彼のお母さんの直筆で、「〇〇の好きな花の種」と、ヒマワリの種が入っておりました。「花が咲いたら写メを送って下さい!」彼のメールアドレスが書いてありました。


・・・今年の夏は、「ヒマワリ」に挑戦するつもりです・・・。








カテゴリ:ひとりごと | 01:26 |