<< 野球を科学する (トレーニング編 Vol1) | main | 野球を科学する (トレーニング編 Vol 2) >>
《ブレイクタイム》  身体測定

     


昨夜のこと。
夕食の前、宅の息子と娘が体重計を前に騒いでおりました。

「え〜〜!姉ちゃん体重4★キロもあんの!!」

「・・・・ショック、、、、今日の晩ご飯、、、野菜とお魚だけにするわ、、、。」

昨年、身長も体重も宅の嫁を追い抜いた娘。45キロあたりでウロウロしていた分には問題なかったようですが、さすがに50キロが近づくと焦ったようで、、、
正月に嫁の実家での暴飲暴食を悔いても始まらない、身体測定を前に、ささやかな、努力を誓ったのでありました。

――無駄な努力やと思うけど・・・。

密かに独り言をいうオヤジ、、、

年頃の乙女心を前面に出す娘と、日頃から、「チビ!ガリガリ!」と言われ続ける野球選手の息子。身体測定前日の夕食は、まったく対照的なのでありました。

ブリシャブの鍋を前に、恐る恐る箸を出す娘に、何杯もお代わり!をする息子。早々に箸を置く娘に、最後まで鍋に向かう息子。
最後は、「吐きそう!」と言いながら体重計に乗った息子の体重は2キロ増えて42キロ。
ガッツポーズをとる息子と、意気消沈してトボトボと本日の学校に向かった娘なのでありました。



・・・という訳で、本日帰宅したわたくし、息子に聞いたのでありました。

私 「姉ちゃんの体重は何キロやった?」

息子「昨日と一緒やで。4★キロ。」

私 「自分は?」

息子「40キロ。昨日と変われへんかったわ。」

あれだけ食べても見事消化、消費してしまう息子に、食べなくてもしっかり貯える娘。


「まっ!世の中そんなモンやね。」

いつでもお札が留まらない自らの財布と、息子の体重に思いをダブらせるオヤジなのでありました・・・。







カテゴリ:ココだけの身内話 | 23:19 |