<< 戦国時代 | main | 野球を科学する (障害編 Vol 3) >>
あーやっぱり
          


先週の日曜日、パチンコの日に来院されたお馴染みの患者さん。先日の土曜日に来院されたのであります。案の定、施術終了後にホールに足を運ばれたようで、、、

わたくし・・「あの日の成果はどうでした?」

患者さん・・「あきまへん!さっぱりワヤ!いつも通りでしたわ。」

わたくし・・「あーやっぱり、、、」

患者さん・・「パチンコの日いうからには出さなアカンわ!」

その患者さん、結構遠方から来院され、必ず週末の終了間際に来院されるのでありますが、当院近くのそれもあまり出さないと評判のとっても閑散としたホールに行くのであります。
以前理由を聞いたのでありますが、「サビレた所が好きなんです。」と、選ぶホールも少し変っているようで、、、

パチンコの日→もしかしたら出すかも(淡い期待)→エエカモや!(店の思惑)→あーやっぱり(結果)

世の中、「もしかしたら・・」は、儚い夢に終わる「あーやっぱり」なのでありました(^_^;)



で、その土曜日に息子が野球の試合に出場したのであります。食べる量は半端なくスゴクなったのでありますが、まだ、チームの中ではチビの部類に属しているのであります。
リトルからやっておりますから、なりにヒットは打つらしいのですが、いかんせん、チビで非力だけに大きいのはなかなか出ないのであります。

ところが、土曜日の試合、代打で出場した息子。久々に会心の当たりだったらしく、、、左中間を深々と破ったのだそうです。

一塁を回り、二塁を回ったところでランナーコーチの腕が回るのを見て三塁に走った息子。周りで見ている人からの証言だと、「余裕でセーフ」だったのですが、、、

お約束のように、二塁を回ったところでつんのめり、それから必死で走ったのだそうですが、結局、三塁アウト!

あーやっぱり、、、の結果なのでありました。

その前の試合でもヒットは打ったらしく、父兄のお父さんがポツリと言ったそうです。

「ヒットを打つだけやったらレギュラーの○○よりよく打つと思うんやけどなぁ〜。ホンマ、チョンボがなければ間違いなくレギュラーやのになぁ〜。」

野球は、打つ、走る、守るが揃っていなければならない訳で、、、
野球での「あーやっぱり」は、レギュラー奪取につながらないのでありました。



でまぁ、わたくし、最近頭痛に悩まされておりまして、一瞬、ジャイアンツにキムタクのようにくも膜下出血じゃなかろうか、と不安になるほどだったのであります。
で、頭痛とともに肩こりを異常に感じた訳でありまして、「頭痛の原因は肩こり?!」最近、PCの前に座っている事が多いのですが、ハタと気がついたのであります。

世の中、右利きの人が多いのでありまして、必然的にマウスも右。ところがわたくし、右利きにも関わらず、マウスは左が使いやすい。最近、税理士が来るからと接骨院のPCのマウスを右に、自宅のPCのマウスは嫁が使うからと右に変更したままにしていたのに気が付き、マウスを左に直したのであります。

・・・きっとこれのせいや、、、

最近PCの前に座る事が増えたし、肩こりも右が半端ないモンですから、そう考えて左利き用に直したのですが、、、肩こりも頭痛も良くならない。

・・・なんでや、、、

自分で自分自身の治療は出来ないのも事実なんですが、思いつく事は後ひとつ。

・・・嫌やなぁ〜、、、

という訳で本日眼鏡屋さんに行き、検眼してきたのであります。

・・・あーやっぱり、、、

聞きたくなかった、「老眼ですね!」の言葉、、、
それも仲間由紀恵に少し似た若い店員さんに、にこやかに言われたのでありまして、、、

「老眼が進行してますね!」
これまたにこやかにいわれたのでありました(^_^;)

・・・PCに向かう時は老眼かぁ〜

こればっかりは、認めたくなかった、「あーやっぱり」

「意地っ張り」をしても頭痛はよくならず、、、

「きっぱり」諦めて老眼鏡をかけるかぁ、、、

気持ちは「すっきり」するやろうけど、、、


ウジウジ考えても「やっぱり」年齢には勝てないオヤジです、、、




カテゴリ:ひとりごと | 22:58 |