<< [症例画像紹介] 脛骨骨折 | main | [症例画像紹介] 種子骨異常 >>
[症例画像紹介] 変形性脊椎症・側湾症 


【大きく側湾した症例】


高齢者の女性ですが、突然の疼痛を訴えて来院されたのでありました。
姿勢も曲がっており、圧迫骨折も心配でしたので、すぐさまCT撮影を依頼したのでありました。以下その時の画像です。






 (画像  

CT3D画像とX-Pビューの正面像です。脊椎が大きく側湾しているのがお分かり頂けると思います。







 (画像 ◆

CT3D画像を切り取り拡大した画像です。黄色の矢印第4腰椎が第5腰椎に対して左に寄っており、その上、第3腰椎も第4腰椎に対して左に寄っているのがお分かり頂けると思います。
グリーンの矢印、第3腰椎ですが、椎体の右の厚さと左の厚みが随分違う事がお分かり頂けると思います。







 (画像 )

CT3D画像とCT縦断面ラテラルビューです。








 (画像 ぁ

縦断面の切り取り拡大画像です。黄色の丸印、骨棘が出ているのがお分かり頂けると思います。



画像でも分かるように側湾がひどく、昨日今日に曲がったものではないと思うのですが、疼痛を強く認めたのでありました。
原因として考えられるのが、自宅の物置を片付けたくらいしか思いつかないらしいのですが、重いものを持ち上げた訳ではなく、長時間の同一姿勢が堪えたのでありましょう。

変形性脊椎症では必ずいう事ですが、カルシウムの摂取、適度の運動と日光浴。曲がってしまった脊椎は元に戻す事はできませんが、予防は充分に可能であります。早めに施術を受ける事をお勧めいたします。










                











カテゴリ:医療のお話 | 23:47 |