<< [症例画像紹介] 脊椎辷り症・腰椎椎間板症 | main | [症例画像紹介] オスグットの骨折 >>
[症例画像紹介] 前腕骨折(橈骨・尺骨2骨骨折)
  
【転倒し手を衝いて骨折したのですが・・・】

ある時、「骨折したのですが、診ていただけますか?」と、来院された女性の患者さんでありました。
一目で骨折だと判別できる変形を伴っており、直ちに、提携先のクリニックに連絡を取り、CT撮影の依頼をしたのでありました。以下、その画像です。






(画像 1)
CT3D画像、正面と側面であります。
説明も不要な程の変形を伴っております。






(画像 2)
CT3D画像、橈側斜位と尺側斜位です。末梢骨片が中枢に乗り上げているのがお分かり頂けると思います。





 
(画像 3)
画像1の側面像の切り取り拡大画像です。ピンクの矢印で末梢骨片の移動を示してみました。







(画像 4)
画像2の橈側斜位の切り取り拡大図です。


実はこの患者さん、来院時から、「手術をしないで何とか治したい。」と何度も繰り返すのでありまして、私も、何とか希望に沿うように徒手整復を行い、固定を施し施術するつもりだったのであります。

ところが、よくよく話を聞いてみると、、、、
この患者さんのご主人の様態が悪化して入院しているのでありまして、そのご主人が入院している病院の階段で転倒して骨折したのでした。そこで診察を受け、「明後日に手術します。」と言われているのに当院に来られたのでありました。

「・・・・いやそれはマズイやろ、、、」
提携先から骨折の同意は取っているにしても、優先順位からしたら先に診察した病院でしょうし、そこにご主人が入院しているのなら尚更でしょうし、、、
よくよく、、よくよく話を聞いてみると、ご主人はここ数日がヤマらしく、息子さんたちに連絡を取るように言われているらしいのです。

「いやはや、これは困った、、、」
何度か経験している箇所の骨折ですし、患者さんの希望に十分こたえる自信はあったのですが、、、危篤状態のご主人が入院している病院に、よその接骨院で整復してもらいました!と、この患者さんが行った時には、診察したドクターの神経を逆なでするのは火を見るより明らか・・・・。

「これは、S病院に帰って治療を受けた方がイイですわ。手術するのはイヤです。とはっきり言ったら手術せずに治療してくれますよ。ご主人が危篤状態なら尚更、よそで治療を受けたとなるとドクターの気分も良くないですからね。」

「あの病院は嫌いなんですわ!」
嫌いな病院にご主人を入院させているその心理もよく理解できなかった私ですが、なんとか納得してもらい帰って頂いたのでありました。

数週間後、この患者さんが来院されたのですが、結局手術をされたそうで、、、

なんとも後味が悪かった症例でありました。


  

                











カテゴリ:医療のお話 | 00:29 |