<< 野球のスポーツ障害 (肩の障害編 vol3) | main | 野球のスポーツ障害 (肩の障害編 vol5) >>
野球のスポーツ障害 (肩の障害編 vol4)

肩関節上方関節唇損傷(SLAP損傷) 



関節唇は関節窩縁の全周に付着していますが、最上部は上腕二頭筋長頭筋腱の起始部も含んでおり、上方の関節唇は可動性を有するゆるい結合となっております。

この部分に亀裂や剥離が生じたものがその損傷形態により、
肩関節上方関節唇損傷(SLAP損傷)として分類されており、比較的多く見られる肩のスポーツ障害です。







投球動作時、肩関節前方に痛みがあるときは肩関節上方関節唇損傷(SLAP損傷)上腕二頭筋腱損傷や肩腱板損傷、肩関節前方不安定症が疑われます。

投球フォームや各投球フェーズでの痛みをチェックすることにより、損傷部位を推定し、MRI
検査で診断を確定することになります。


上前方関節唇損傷では投球動作のコッキング期からアクセレレーション期に痛みが生じます。

上腕二頭筋長頭腱には、ボールをリリース、フォロースルー期において牽引張力が加わり、腱の付着部から断裂したり、上腕骨頭の溝で擦り切れて断裂することもあります。









肩関節が十分な機能を発揮するためには、肩関節包、腱板、滑液包、三角筋などの軟部組織の協調運動が必要であります。

したがって肩関節包、腱板、滑液包、三角筋により構成される肩関節の滑走機構のいずれに障害が発生しても肩機能には障害が発生します。

肩関節唇は膝半月板と同じく、関節の動きをスムーズに誘導する役割と、骨同士がぶつかる衝撃を和らげる働きをしていますが、度重なる外力(主に圧迫力)により断裂します。

一方、関節唇の前方を通る上腕二頭筋長頭腱は、二頭筋収縮時に牽引力が加わり、さらに上腕骨頭で角度を変えるため、溝(上腕骨二頭筋腱溝)で擦り切れていくのであります。

 
SLAP損傷は、高校生から大学生にかけて多くみられ、症状は投球時の疼痛がメインであります。「何か腕が抜ける感じがする。」と訴える選手が多く、投球時痛以外には、ほとんど陽性になる所見が乏しいのも特徴であります。








SLAP損傷の保存療法は腱板機能強化を中心にしたトレーニング、肩甲骨の協調運動を行っていき、投球フォームでも過角形成を起こさないようなフォームの獲得を目指す事になります。

腱板関節面の完全断裂を起こしてしまっている場合には、保存的療法での完治は難しく、競技レベルを考え手術を考慮する場合も多いのであります。










 
カテゴリ:スポーツ障害 | 07:24 |