<< 陸上競技のスポーツ障害 vol3 | main |
陸上競技のスポーツ障害 vol4
脛骨疲労骨折 



疲労骨折は、金属疲労から由来したもので、骨に微小な力が繰り返し加わることにより、微小な骨折を生じ、最後には完全骨折に至るものであります。
脛骨疲労骨折には長距離走選手で多い疾走型と、ハードル、跳躍選手にみられる跳躍型、そしてすべての競技でみられる後内側型の3つのタイプがあります。









疾走型ではランニング中や接地や蹴り出しに際して、下腿内側後面の重い鈍痛で発症する事が多いようです。まれにレース中や高強度のランニング中に急な激痛で発症する事もあります。
跳躍型はスプリントや跳躍の助走時の強い着地衝撃に際して、下腿全面の比較的局在した疼痛として発症する事が多く、初期には高強度のトレーニング時しか疼痛を自覚しないため発見が遅れ慢性化する例が多くなります。










〈発症メカニズム〉

脛骨はわずかに前湾があるため、前方骨皮質に伸張負荷、後方骨皮質には圧縮負荷が加わります。これらの反復の結果、骨組織に破断が生じたのが疲労骨折であります。










〈好発年齢・レベル〉

疾走型、後内側型は10代から30代までのすべての年代でみられますが、高校1年生での発生、女性に多い印象がありますが、同一競技レベルでの比較ではさほどの男女差はなく、トップレベルまでのあらゆるレベルで発症します。
跳躍型は10代と20代の選手がほとんどであり、特に年齢的特徴や性差は見られません。
 
圧通の局在部位の確認により大部分は臨床診断されますが、ほとんどの場合脛骨側方向X戦像により確定診断されます。
疾走型では脛骨後方骨皮質に表面を覆うような仮骨がみられる事が重要な所見でありますが、同側に既往がある選手では今回の受傷がどの位置であるかを皮膚上とX線像上で照会する必要があります。

跳躍型では初期には前方骨皮質に局所的肥厚と骨折線を認め、長期化すると骨硬化し嘴状に突出した偽関節像を呈するようになります。
治療過程もX線像の推移を観察する事で追跡され、疾走型では化骨の硬化・成熟を跳躍型では骨折線の消失、均一化を治癒像として判断します。 









〈治療・リハビリテーション〉

疲労骨折は一般に局所への力学的な負担を軽減する事で治癒します。したがって、疾走型では保存療法で治癒します。
跳躍型では、偽関節になっていない場合には保存療法で治癒する可能性があり、物理療法が試みられます。偽関節を呈する場合でも保存療法が試みられますが、改善がみられなければ手術の適応となります。手術療法としては、偽関節部の切除、骨移植、髄内釘による内固定行われます。
 
疾走型、後内側型では完全なトレーニング休止ではなく、固定式自転車や水中運動、疼痛の発生しない強度のランニングであれば許可します。また、着地衝撃を緩和する目的で足底板やインソールを装着し、受傷の要因になりうる筋タイトネスや関節可動制限がある場合には、ストレッチングや関節モビライゼーションを行います。さらに、衝撃緩和に必要な下肢筋力の強化も指示する事により、受傷後1〜2ヵ月ほぼ100%競技に復帰する事ができます。

跳躍型ではスプリントやジャンプのトレーニングを休止させ、固定式自転車や水中運動行います。筋力トレーニングにおいても、脛骨の骨折部より遠位に抵抗が加わる運動は禁止し、骨折線の縮小に合わせて少しずつランニングを許可していく事になります。保存療法により骨折線の消失まで通常3〜6ヵ月を要し、手術例でも骨癒合には術後3〜6ヵ月を要するといわれます。

治療が長期化する場合では元のレベルまでの復帰が難しい場合があり、復帰率は80%程度といわれております。 







    
 
カテゴリ:スポーツ障害 | 01:42 |